胡蝶蘭は開店祝いにおすすめ!

開店祝い,胡蝶蘭,おすすめ

花を贈る理由といえば、お祝い事が多いよね。開店祝いで贈る花を探している人も、お客さんで結構いたよ!

 

開店祝いにおすすめの花といえば、胡蝶蘭かな。胡蝶蘭って見た目も華やかだし、お祝い事によく贈られる花だよね。

 

よく見るのは白い胡蝶蘭だけど、実はピンクや黄色とか明るい色もあるんだよ。明るい色はお祝いごとにぴったりだし、贈り先のお店のイメージや店長さんの好きな色の花を贈るのもいいよね。

 

胡蝶蘭って高いイメージがあるかもしれないけれど、実は1万円程度から買える小さめのものあるよ。

 

お店の飾るスペースの広さや、店長さんとの付き合いの深さとか。いろいろなことを考えて、小さめのお花や大きめの豪華なものを選べるのも胡蝶蘭のメリットだよ。

 

開店祝いに胡蝶蘭を買いたいなら、今は通販もおすすめ!通販だと店舗より安く買えるところもあるし、生産元から直接発送してくれるところもあるよ。

 

鉢植えを持ち歩くのが恥ずかしいとか、重くて大変ってこともないし。通販は便利だよね。

 

以下に、開店祝い用の胡蝶蘭ギフトが買えるネットのお花屋さんをシェアするので、開店祝いに贈る胡蝶蘭で悩んでるって方はチェックしてみて下さいね。

写真確認できるHitoHana

HitoHana

HitoHanaは、1971年創業の歴史ある生産者さんと提携していて、胡蝶蘭の品質が信頼できる通販ショップだよ。

 

通販って見本掲載画像の胡蝶蘭を見てオーダーするけれど…実際に贈る花はどんなラッピングでどんな見た目なの?とか、気になるよね。

 

HitoHanaは、実物を画像に撮ってもらえて写真確認ができるから、安心して開店祝いのお花を頼めるよ。

 

さらに請求書払いの後払いも対応可能!これは法人のみのサービスだけど、経理の都合で後払いにしたいってときに便利だよね。

 

12時までに頼めば、翌日配送も無料対応!急ぎで配送してほしいけど、通販は対応遅いよね…って思っているなら、HitoHanaにお願いしてね。

 

他にも立て札やメッセージカードも無料でつけてくれるとか、サービスが充実しているのも魅力だよ。サイトの中で開店祝いにおすすめの胡蝶蘭ギフトをいくつか紹介してくるから、それを参考に選んでね。

 

胡蝶蘭専門店幸福の胡蝶蘭屋さん

幸福の胡蝶蘭屋さん

幸福の胡蝶蘭屋さんは、有名な賞を受賞している信頼できる生産者さんとしか提携していない胡蝶蘭専門店だよ。

 

その生産者さんから直送で胡蝶蘭を贈れるから、品質が高い!一本ずつ一番いい状態の胡蝶蘭を選んでラッピングしてくれるし、大切な開店祝いに贈るにはピッタリだよね。

 

胡蝶蘭は写真確認ができるし、気になる請求書払いも法人ならOKだよ。通販だと万が一配送トラブルがあったら…って心配になるよね。

 

幸福の胡蝶蘭屋さんでは、なんと配送トラブル保証があるよ!開店祝いで贈った胡蝶蘭に、劣化や傷があったときはそれと近いものを贈ってくれるのがありがたいね。

 

写真確認・請求書払いまでできて、さらに保証も充実している!通販を使うのが不安って人は、幸福の胡蝶蘭屋さんなら安心ってことだね。

 

胡蝶蘭が開店祝いに選ばれる理由って?

開店祝い,胡蝶蘭,理由

新しいお店がオープンすると、店先に胡蝶蘭がたくさん飾ってあるのを見たことがあるよね?それだけ胡蝶蘭が開店祝いに選ばれてるってこと!

 

でも、なんで胡蝶蘭が開店祝いに選ばれてるの?はっきり説明できない・知らない人は理由が気になるよね。

 

胡蝶蘭はその見た目も華やかで、お祝いにピッタリっていうのもあるけれど。花言葉が「幸せが飛んでくる」っていうことや、鉢植えが「根付く」って意味を持っていることが理由って言われているよ。

 

鉢植えの胡蝶蘭ギフトを贈ることで、新しいお店に「幸せが飛んできますように」「そこにしっかりと根付いて商売繁盛しますように」っていう意味を込めて、開店祝いに合っているって理由があるんだね。

 

なんとなく見た目が豪華だからって理由で選んでいた人も多いかな?詳しく知れば、こんな深い理由があったんだよ。

 

開店祝いに胡蝶蘭がおすすめされる理由、知らなくてもいいけれど知っておくともっと気持ちを込めて、心からお祝いできそうだね。

開店祝いの胡蝶蘭ギフトはいつまでに贈るのが正しい?

胡蝶蘭,開店祝い,いつまで

開店祝いに胡蝶蘭を贈るとき、贈る日付を指定できるよね。いつまでに贈ればいいのか?悩んでいる人もけっこう多いんだ。

 

一般的に、開店祝いは開店当日の午前中に届くようにするって言われているよ。でも開店当日って忙しいイメージがあって、贈っていいのか悩むこともあるよね。

 

そんなときは、前日に届くようにしても大丈夫だよ。あんまり早いと、開店日がずれたときに胡蝶蘭だけ先に届いて気まずいし花は枯れてきちゃって…ってことがあるから気を付けてね。

 

どうしても手配したタイミングとか、配送業者の都合で遅くなっちゃうときは、開店から2〜3日くらいまでなら大丈夫だよ。

 

でもできるだけ開店当日や前日に贈るように早めに手配するのがマナーかな。もし悩んだときは、店主に開店当日に贈ってもいいか確認してもいいよ。

 

友人とかとっても親しい人なら、自宅に贈るっていうのもあるし実際に聞くのが一番!

 

開店祝いの贈り時に悩んだら、とりあえず当日または前日に。どうしても決められないなら直接相談って覚えておいてね。

開店祝いで贈る胡蝶蘭の相場は?

胡蝶蘭,開店祝い,相場

胡蝶蘭ギフトって、お値段がピンキリで悩んじゃうときあるよね。開業祝いで贈るときって、いくらくらいのものを選ぶのが相場なの?

 

悩んでいる人にズバリ相場を教えます!一般的な開業祝いで胡蝶蘭を贈る相場は、1〜3万円くらいって言われているよ。

 

贈る相手が大企業であるとか、付き合いが深いなら3〜5万円くらいのものがいいね。

 

相場といえばこのくらいだけれど、大事な取引先の場合は一つ上のランクのものを選ぶのがおすすめかな。

 

開店祝いって、いろいろな企業が贈るよね。お店としては、できるだけ大きな花で目立つものを目立つ場所に飾りたいもの。だから小さめのものだと、端っこの方とか後ろの方に置かれちゃうかも。

 

だから、他の胡蝶蘭ギフトと差をつけたいならば、ちょっといい胡蝶蘭ギフトを贈った方がいいよ。

 

高めのお値段の胡蝶蘭の方が、花も大きくてきれいな物だから他社と差をつけたいって場合は大輪の高めのものを選ぶのがいいかな。

 

親しい友達とか親戚とか家族とかなら、相場どおりの1〜3万円のものでも大丈夫!

 

胡蝶蘭ギフトは、付き合いの深さや相手のお店の大きさを考慮して柔軟に選んでねってことだね。

開店祝いで胡蝶蘭につける立札の書き方が知りたい!

開店祝い,胡蝶蘭,立札

胡蝶蘭ギフトは立札を付けるか付けないか?お店の人に聞かれるよね。

 

開店祝いは付けるのが正しいの?書き方は?正しいマナーが知りたいと思ってない?開店祝いは木札の立札を付けるのがマナーだから忘れないでね!

 

一般的にお祝い事もお悔やみ事も、立札は付けるのがマナーって覚えておくと間違いないよ。

 

書き方については、赤文字で「祝開店」「開店祝い」「御祝い」とかのお祝いを表す文字を書いて、あとは贈り先の店舗名・代表名と自分の名前や会社名・代表名を贈るのがふつうかな。立札に簡単なお祝いメッセージを書いてもいいよ。

 

親しい間柄ならば「開店おめでとうございます」って書こうね。会社同士の付き合いのお店や、大企業の場合とかは書かなくてももちろん大丈夫。

 

立札はお店によって無料だったり有料だったり、紙札は無料だけど木札は有料ってところもあるから、頼む前に聞いておくと安心だよ!

 

ちなみに立札は、お店の目立つところに飾ることが多いから、お店の名前を入れてあげると看板代わりになるから覚えておこうね。

 

お店の宣伝はもちろん、自分の会社の宣伝にもなるってこと!立札は忘れずに付けて贈ってね。

開店祝いのメッセージで使えない言葉はコレ!

胡蝶蘭,開店祝い,メッセージ

胡蝶蘭ギフトを購入すると、立札だけじゃなくてメッセージカードも付けられるところが多いよね。

 

このメッセージカード、お祝いの言葉を贈るのにピッタリなんだけれど…使っちゃいけない言葉があるから気を付けてね!

 

よく言われる「忌み言葉」は、お祝いの場では絶対に使っちゃだめだよ。開店祝いにももちろんだめだから覚えておいてね。

 

忌み言葉は、開店祝いならば「」「」「」とかの赤をイメージさせる言葉はだめだよ。家事や赤字とかをイメージさせるからね。

 

同じように「」「」もだめだから覚えておこう!あとは「失う」「敗ける」「傾く」もマイナスのイメージになるから注意してね。忌み言葉は親しい友人向けでも絶対にだめ!

 

忌み言葉に注意して「開店おめでとうございます。皆様のご健勝をお祈り申し上げます。」とか、短めに書けば大丈夫だよ。

 

もちろん贈り先の店舗名・代表名と、自分の名前や法人ならば会社・代表名を入れるのも忘れないでね。

 

だいたいは文例集があるから、それに沿って書けば間違いないよ。忌み言葉に気を付けて、丁寧な言葉で書くのがマナーってことを忘れずにね!

開店祝いを贈る前に最低限のマナーを知ろう

開店祝い,胡蝶蘭,マナー

開店祝いに胡蝶蘭ギフトを贈るとき、意外と知らないマナーがたくさんあるよ。

 

これを守らないと、仕事の付き合いや取引先の場合は最悪仕事がなくなるかも。必ずマナーに沿って胡蝶蘭を贈ってね。

 

まず胡蝶蘭の本数は、奇数のものにしよう。偶数は「割れる」から縁起が悪いって言われているよ。

 

3本を選ぶ人が多いけれど、もっと豪華に見せたいときや大切な取引先の時は5本を選ぶ人もいるよ。

 

絶対に立札を付けるのを忘れないでね。メッセージカードを付けて立札を付けない人もいるけれど、それはマナー違反だよ。

 

立札は必須!メッセージカードは付けても付けなくても大丈夫。

 

そして贈る時期には気を付けよう。だいたい開店当日に贈るのがマナーだよ。でも開店当日は忙しいかな?って思ったら、前日でも大丈夫。

 

早すぎても遅すぎてもマナー違反になるから、早くても前日あたり遅くても開店から2・3日以内には届くように早めに手配してね。

 

最低限のマナーはこれくらいかな。大人としてマナーを守って、お祝いの気持ちを贈ってね。

美容院の開店祝いにも胡蝶蘭が喜ばれる

美容院,開店祝い,胡蝶蘭

開店祝いに胡蝶蘭を選ぶ人が多いけれど、実は美容院の開店祝いにもおすすめ!

 

おすすめの理由はいろいろあって、やっぱり華やかな見た目っていうのもあるかな。美容院ってオシャレな場所だから、オシャレな見た目の胡蝶蘭は美容院でも喜ばれるよ。

 

あとたくさんのお客さんが来るから、花特有の臭いや花粉は好かれないのが美容院だよね。

 

胡蝶蘭は臭いも花粉も少ない、贈り物にいい花の代表!だから美容院にもピッタリってこと。美容院の開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由、わかってもらえたかな?

 

ただし、贈る前にお店に胡蝶蘭を飾るスペースがあるか確認しておくこと。スペースに合わせて胡蝶蘭の大きさを小さめにするのも大切なマナーだよ。

 

特に美容院はお客さんが待つ待合スペースもあるし、シャンプー台やカットする鏡やイスとか、美容師がお客さんの髪の毛を切るために動くためにある程度の余裕を確保する必要もあるよね。

 

お店に必要なものがたくさんあるから、お店が広くても余分なスペースがあまりないかも。

 

素敵な胡蝶蘭を贈っても飾る場所がなければ意味がないから、確認してから贈ってね。